葉酸サプリの過剰摂取と副作用

葉酸サプリの過剰摂取で発生する問題

葉酸サプリの必要性

最近では、妊活中や妊娠中、授乳中の女性にどのように葉酸が必要な栄養素であることは広く認識されるようなりました。
元葉酸はブロッコリーやホウレンソウなどの緑濃い野菜に多く含まれています。普段の食事でよく摂取していくことが最善の方法がありますが、葉酸は水溶性ビタミンのため、熱に弱い性質を持っています。
つまり茹でたりして熱を通せば、その栄養分が半分量になってしまうことです。
ただでさえ、妊娠は、通常二倍程度の葉酸が必要です。葉酸が不足すると、赤ちゃんの障害にもつながる恐れもあります。
これらのことから葉酸の栄養補助食品を利用している人が多いです。これなら必要な栄養素を確実に摂取することができるという利点があります。
ただ葉酸サプリとして心配であることが、過剰摂取にならないか?という点です。

葉酸過剰摂取は、海外でも問題

妊娠時期の1日の葉酸の必要量は400μgになって最高のも1000μgまで以上持って過剰摂取されてしまいます。
葉酸を摂取もあるから発生する可能性のある副作用は、食欲不振や嘔吐、浮腫、不眠などが挙げられるが、海外では、赤ちゃんが喘息になる可能性が高くなると定説になっているほどです。
しかしながら、あまり気にする必要もありません。基本的には、食事から摂取する方は、必要量以上になると体外に排出されるので、問題ありません。
葉酸サプリとして摂取する場合は、容量を適切に守ること、それだけです。

葉酸による副作用

葉酸の効果的な吸収

食品に含まれている葉酸は動物食糧で、肝臓、牛乳、ウナギ、ウニ、貝などに多く含まれて植物食品は、ほうれん草、アスパラガス、野菜、豆、モロヘイヤなどに多く含まれています。
葉酸は、細胞分裂の過程で酵素とボヒョソウルつなぐ役割をし、また、皮膚細胞のターンオーバーを活発にする作用があります。
食物から十分な摂取量を得るためには、かなりの量を摂取しなければならないので、補充などによる効果的摂取が良いそうです。
サプリメントは、吸水性がよく、体の細部まで戻るので、良質の葉酸を摂取することが良いとされています。
食品の摂取量で末梢血管に到達したときに栄養素は、約1%程度にまで減少するので、サプリメントは、より効果的に行うことができます。

摂取量が間違っている副作用

大きな副作用はないと思われる葉酸が、補充の場合決まった摂取量を超えて摂取すると副作用が発生します。
主な副作用は、食欲低下、嘔吐のほか、下痢などの症状もあります。
女性に多いのが浮腫などが抜け、男性の場合、長期的に葉酸を摂取した群がない群に比べ、前立腺癌患者が多いというデータもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です