葉酸サプリの過剰摂取について

妊活中や妊娠中、授乳中の女性に葉酸が必要な栄養素であることは広く認識されるようになっりましたが、この葉酸サプリも過剰に摂取すると副作用が起こる危険性があります。
葉酸の摂取も原因で発生するさまざまな問題やリスクを紹介します。

葉酸サプリの過剰摂取について

葉酸サプリの過剰摂取による副作用

胎児が健康に成長するために必要不可欠な栄養素として注目を浴びているのが葉酸です。
1日に必要な葉酸をしっかり摂取することができる葉酸栄養補助食品が人気を集めているが、またはあまりにもしまった場合母体に影響をしまう可能性があることが知られています。
葉酸は、水溶性成分であるため、多く摂取しても、必要な量以外体外に排出されていく特性がありますが、一度に多くの量を摂取すると、発熱や呼吸障害、かゆみやじんましん、貧血などの症状が発生することがあります。
葉酸を過剰摂取しないように注意することが必要です。

葉酸過剰摂取を避けるために

胎児が健康に育つために必要な葉酸の量は1日400μgです。葉酸栄養補助食品も1日400μgに合わせて作られています。
葉酸が過剰摂取とされる量は1日1000μg以上です。
葉酸はホウレンソウやエンドウ豆など、さまざまな材料に含まれていますが、通常の食事は1日の摂取量にも満たないことがほとんどです。
葉酸栄養補助食品と一緒に食品から葉酸を摂取しても、過剰摂取よりも少ない量です。葉酸栄養補助食品に使う飲み方を守る過剰摂取されることはほとんどありません。

葉酸サプリの過剰摂取の危険性

葉酸の欠乏で発生する可能性のある場合

葉酸はホウレンソウから発見された成分で、ビタミンB群の一つです。
これらの要素の欠如は、いくつかの問題が発生することがわかります。
葉酸は、主に細胞とDNAを合成する際に使用される成分のため、妊娠と授乳期間は欠乏の可能性が高い時期になります。
この葉酸の欠乏が起きた状態であれば、胎児の体の成長に支障をきたす、無脳症で生まれ危険があります。最悪の場合、死亡する場合もあります。したがって、妊娠中は特に葉酸の摂取に気を配る必要があります。

サプリあたりの含有量に注意

葉酸を食品から必要摂取量を摂取しする困難な場合があります。厚生労働省では、葉酸の栄養補助食品の摂取を推奨しているのです。
しかし、この葉酸栄養補助食品にも副作用が起こる危険性があります。それは、葉酸の栄養補助食品の過剰摂取によるものです。
成人の1日の摂取量は、平均必要量が200μg、推奨量は240μgになっています。妊娠した場合、400μgの摂取が望ましいとされています。
上限は1000μgで1300μg以上の過剰摂取などしてしまえば、胎児に喘息やじんましん、アトピーなどの弊害が発生する危険性が高まることが知られています。
葉酸栄養補助食品のように含有量が多いと摂取もしまう可能性もあるので、しっかりと摂取量を考えて飲む必要があります。
葉酸の摂取は1日1000μgまでを厳守して、 1300μg以上の過剰摂取は避けましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です