葉酸不足に注意

葉酸不足に注意

葉酸は新しい細胞を生産を助ける働きがあります。
葉酸が不足すると、妊娠初期の胎児の細胞分裂が活発な時期に正常に成長せず、先天性の疾患になる可能性があります。
いろんな疾患がありますが、そのなかでも二分脊椎症のような神経管閉鎖障害が高まります。
出産後も授乳期に葉酸が不足すると、赤ちゃんの成長に問題が出ると言われています。

葉酸は水溶性のビタミンですから、必要以上に摂取した分は尿と一緒に排出されます。
極端な過剰摂取でなければ、少々多めに摂取しても問題はありません。
それよりも葉酸不足のリスクのほうがはるかに大きいので、葉酸が不足しないように注意してください。

神経管閉鎖障害

神経管閉鎖障害は、妊娠初期に可能性のある先天性疾患のひとつです。
中枢神経になる細胞のあつまりである神経管が、葉酸不足により正常に作られないことで起こります。
神経管の上部に弊社障害が発生すると、脳が正常に作られずに死産になる可能性も高まります。
葉酸を摂取することでリスクを下げることができますので、積極的な葉酸の摂取が推奨されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です